スポンサーリンク
お散歩

犬の散歩時間とご飯の時間をはっきり決めなくても良い理由

犬の生活ルーティーンにバリエーションを

みなさんは愛犬のお散歩やご飯を毎日同じ時間にしていますか?

犬はルーティーンを好む生き物である事がわかっているので、生活の時間を決めてあげた方がよいという意見もありますが…

現代社会に生きる犬達にとっては、必ずしもよい事ばかりではなかったりします。

今回は犬の生活時間にバリエーションを持たせる事のメリットについて書きたいと思います。

スポンサーリンク

時間が決まっていると起こるデメリット

その時間が近くと騒いでしまう

かいぬしさんA
かいぬしさんA
うちの子はお散歩やご飯の前に吠えて大変なんです
かえで
かえで
わんわんわん〜!だって1日の中で一番の楽しみだもん!

その気持ち、わかるわかる。

犬の体内時計はとっても正確ですよね。

お散歩の時間やご飯の時間がキッチリ決まっていると、もうすぐ5時だからお散歩だ!とか7時だからご飯だ!ワクワクと期待が爆上がり!

期待値が上がるとソワソワして、ウロウロしたり吠えて催促してみたり。

吠えて催促した後お散歩やご飯が叶ってしまうと、毎日同じ時間がきたら吠えるという習慣になってしまうことも。

いずれお互いストレスとなる

現代社会のかいぬしさんは毎日忙しく、疲れています。

例えば、明日は休みだし朝は遅めに起きてゆっくり愛犬と散歩を楽しみたいな〜…なんて思っていても、いつも決まった時間にお散歩に行っている犬にはそういった事情はわかりません。

吠えて起こすし、なんでお散歩に連れて行ってくれないの?とストレスを溜めてしまいます。

騒いで起こされるかいぬしさんもゆっくり休めないのでストレスを感じてしまいますね。

子犬を迎えるとあまりの可愛さから、毎日同じ時間にはりきってお散歩やご飯をしてしまいがちですが、そのまま成犬になって融通が効かなくなると犬にもかいぬしさんにもストレスになってしまいます。

ご飯の前に吠えない様にする方法はまた別に記事にする予定ですが、ではご飯やお散歩の時間がはっきり決まっていなかったらどうでしょうか?

お散歩の時間を決めないメリット

犬の散歩

落ち着いてお散歩の時間まで過ごせる

普段からお散歩の時間を決めずに少しずらして生活していると、犬は時間で期待する習慣がつきませんので、落ち着いて過ごすことができます。

今日はまだお散歩に行ってないけど、そのうちいくだろうから、それまでおもちゃでも齧っていようかな〜位の温度で過ごせたら、お互いにストレスになりませんね。

かいぬしさんに何かあっても臨機応変に対応できる

例えばかいぬしさんが病気や怪我をした時など、散歩に行けない日もでてきます。

ご家族やお散歩シッターさんに頼むこともできますが、さすがに早朝や深夜の散歩は頼めないですよね。

普段からお散歩の時間にバリエーションをつけて慣らしておき、いつ何時に連れ出されてもお散歩を楽しめる様にしてあげましょう。

 

気温や天候でお散歩の時間を変えよう

ゴールデンレトリバーの散歩

気温でお散歩時間を変えよう

基本的に暑い時期は早朝や深夜、寒い時期は日中に行きましょう。

外気温は高すぎても低すぎても犬にとってはとても危険なので、

毎日の気温の変化にそって、お散歩の時間も少しずつずらしていくとよいでしょう。

そうすることで熱中症の予防にもなります。

犬の熱中症と脱水症状の対策
犬の熱中症と脱水症状を回避しよう!普段からできる対策まとめ夏に注意するべき熱中症と脱水症状について。飼い主さんができる対策をまとめました。...

天候でお散歩の時間を変えよう

大雨や吹雪、雷などお散歩に相応しくないお天気の時には無理に行かなくても良いのです。

犬が濡れるのを嫌がる様なら雨のお散歩はやめて、室内遊びなどを楽しみましょう。

外でしか排泄をしない場合は、サッと出て排泄したらすぐ帰ってくることにすれば、あーお顔が濡れる日はお散歩が短いんだなーと犬の方でも慣れていくと思います。

もちろん台風や豪雪などで人間の生活がままならない時などはお散歩にいくこと自体が危険になってしまいますので、思い切ってお散歩はお休みしましょう。

お散歩の時間と一緒にご飯の時間もずらそう

胃捻転を防ぐために

胃捻転とは

なんらかの原因で胃が捻転してしまい、ガスが溜まり周りの臓器を圧迫してしまう症状。
発症してしまうと時間との勝負、すぐに処置をしないと死に至る病気。

原因の一部として

  • 運動後すぐの食事
  • 食後すぐの運動
  • 水のガブ飲みやドカ食いで一度に胃にたくさんのものを入れる
  • またその状態での運動…etcがあげられています。

この胃捻転を予防するために、お散歩の時間をずらす=ご飯の時間をずらす!

胃捻転は大型犬がなりやすいと言われていますが、実はどの犬種にも起きるもの。

犬を飼育する上で絶対的に気をつけるべき事なので、お散歩の時間とご飯の時間はセットで考えましょう。

基本的にご飯はお散歩の後に

基本はお散歩が先、ご飯は後です。

お散歩の後すぐにご飯をあげるのではなく、時間を空けて犬を休憩させてからにしましょう。

目安としては

  • お散歩に行ってきた場合…30分以上
  • ランなどで走ったりした場合…1時間以上

くらい空けるとよいかと思います。

ご飯の後は安静に

お腹にご飯が入っている状態で動くのは危険です。

多頭飼育で犬同士が遊んでしまいそうであれば、食後はケージに入って休んでもらいましょう。

胃捻転の多いドーベルマンの飼い主さんなどは、食後1〜2時間はケージで休憩させているそうです。

  • 朝ごはんの後に犬と遊びに行く時や、夕飯の後夜間に散歩に行きたい時は、ご飯の量にもよりますが夕飯の時間をはやめ、食後最低でも3時間は空けることをおすすめします。
  • ドッグランなど激しい運動をすることがわかっているお出かけ前であれば、ご飯の量を少なくした上で時間を空けるのもありです。

まとめ

ゴールデンレトリバー

最初に犬はルーティーンを好むと書きましたが、そのルーティーンが崩れた時にストレスに晒されます。

生活時間にバリエーションを持たせる事によってルーティーン崩れで受けるストレスを軽減し、犬自身も「こういう日もある」「いろんな日がある」と理解できます。

現代は世界的に温暖化が進んでおり、夏のお散歩時間をずらす必要があったり、突然の豪雨や豪雪でお散歩に行けない日もあると思います。

そんな時に犬がストレスで暴れたり騒いだりしなくていい様、普段から「いろんな日」に慣らしておくといいですよ。

それでは、よい犬暮らしを!

 

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください