スポンサーリンク
カナダ暮らし

【カナダ犬事情】トロントで犬と暮らすルールはこんな感じ

トロント犬の飼育ルール

最近わたしのまわりで犬と暮らしたいという方が増え、相談に乗る事も増えてきました。

またこのブログへ「トロント 犬」の検索ワードで来てくださる方も増えてきたので、今回はトロントで犬と暮らす上での動物条例などルールをシェアしたいと思います。

この記事では…
  • これから・将来的にトロントで犬と暮らしたい方へのヒント
  • カナダと日本のルールの違い

をまとめています。

スポンサーリンク

ペットライセンスを取得しよう

首輪をしたラブラドールレトリバー

これは日本でいう畜犬登録みたいなものですね。一年に一度の更新が必要です。

料金は犬か猫か、去勢避妊手術をしているかいないかで変動しますが、目安として去勢済みの犬なら年25ドル。

ライセンスを取得するとペット番号が刻まれたタグをもらえますので、首輪に装着します。

ペットの安全の為のライセンス
  • タグの着用によって、迷子になった時に迅速に再会できる
  • よそに預けていた時や出先での緊急事態の連絡先となる

タグを着ける事によってチャリチャリと鳴る音がストレスになるという意見もありますが、必ず首輪につけましょう。

音が気になる場合はマスキングテープで刻印面とは反対の面を覆うなど工夫してみるのも手です。

チャリチャリならないタグはこちらで入手できます(一年間のライセンス料を含む)

クレジットカードを持っているならオンラインで申請できます。

申請には主治医の名前・住所・電話番号・更新の際は更新通知番号が必要です。

ライセンス料はなんと100%、ペットや野生動物のために使われます

  • 保護施設でのお世話にかかるお金や獣医への診察料
  • 保護された動物の避妊/去勢手術代
  • 緊急動物レスキューサービス …などなど

各種予防接種を受けよう

予防注射と犬

子犬の予防接種

日本と同じく、子犬で迎える場合はパピー用の予防接種を受ける必要があります。

生後2ヶ月以降の引き渡しになるので1回目はブリーダーさんのところで、2回目からはかいぬしさんが動物病院に連れて行って接種します。

オプションでライム病やLeptospiraも受けられますのでDr.と相談してください。

狂犬病の予防接種

狂犬病(Rabies)予防接種は年に一度接種する必要があります。

病院またはチップトラックの会場で接種できます。

チップトラックとは▼

マイクロチップの登録ができる移動トラックです。ここで狂犬病ワクチンも接種する事ができます。

現在はパンデミックの為、行われていません。

またマイクロチップは子犬を迎えて最初の予防接種を打つ病院でも挿入するか聞かれますし、ブリーダーさんのところで挿れてもらう場合もあります。

マイクロチップは迷子になった時の命綱であり、狂犬病ワクチンとセットになっている事からワクチンの接種情報も入るものと思われます。

トロントとその周辺ではコヨーテ、アライグマ、スカンク、キツネ、コウモリなど様々な野生動物が出没し、それだけ狂犬病流行の危険性があるという事なので、高齢や持病などの免除がなされない限りは年に一回接種しましょう。

ダニやフィラリアのお薬

春から秋にかけて、月に一度摂取するお薬です。

日本ではお肉みたいな美味しいお薬になっていますが(先代ゴールデンはこれが大好きでした)、こちらではそんな気の利いたものではなく普通のでかい錠剤です。

規則にしたがって飼育する

キャバリアキングチャールズスパニエル

飼育できる頭数に制限あり

  • 猫は6頭まで
  • 犬は3頭まで

おそらく多頭飼育崩壊を防ぐためと思われます。

これにより一回の散歩で3頭までしか一緒に歩かせる事はできません。

4頭、5頭を歩かせている人はDogWalkerというお散歩代行さんです。

うんちを拾う

拾ったうんちは公園やドッグパークの入り口に設置されている緑色のゴミ箱に捨てて帰ります。

地域によっては犬のうんち専用のゴミ箱があることも。

カナダの犬専用ゴミ箱

こんなに便利なのに、街は放置うんちでいっぱいです…トロントの芝生を歩く機会があったら、うんちを踏まない様に気をつけてくださいね!

いろんな国から人が来てるからうんちを拾う習慣がない人もいるでしょうが、騎馬警察も馬のうんち掃除しませんし…そんなに気にしないのかもしれません…

でもうんちの後始末をしないのは罰金の対象です。

犬の係留の時間制限

係留とは日本でいう「繋ぎ飼い」、庭や家の中で繋いでいる状態の事です。

トロントでは犬を最大1時間までしか繋いでおけません。

また犬を繋いでおく鎖などは3m以上の長さがないといけません。

つまり日本の田舎でいまだに見られるような繋ぎ飼いはできないという事ですね。

公共の場ではリードをつけること

リードの長さは2m以内である事、飼い主はリードを必ず手で掴んでいる事。

ポールや自転車にリードを繋ぐ事は許されていません。

またチョークカラー、チョークチェーン、プロングカラーを使用する事はできません。

サイトハウンドがよく着けている幅広のマーチンゲールカラーは許可されています。

周りの環境や隣人に配慮する

犬は寒さや暑さから守られなければならず、できる限り家の中に入れる事、とされています。

また犬が継続的に吠え、隣人に迷惑をかけている場合、騒音条例によって起訴される可能性があります。

もちろん犬が他者を攻撃してしまったなどはかいぬしの責任となります。

スポンサーリンク



規則ではないが、推奨されていること

ビーグル

去勢手術または避妊手術を受ける

去勢/避妊が推奨されている理由
  • 深刻な病気を防ぐため
  • 交配に関連する望ましくない行動を減らす
  • 望まれない繁殖を防ぎ、ペットの増えすぎを防止する

手術を受けないとデイケアやドッグウォーカーさんに預かってもらえない・雌はヒート中はドッグランに入れないなど、デメリット多めです。

また正規ブリーダーから子犬を購入すると、遺伝病などのリスクを無視した自家繁殖に使われる事を防ぐため、契約書に「去勢手術/避妊手術を受けること」の項目があります。

犬を運動・トレーニングさせること

犬と頻繁に散歩すること、トレーニングすること、社交的にする事を推奨されています。

トロントのかいぬしさんはトレーニングに熱心な方が多く、クリッカートレーニングしながら散歩している方も見られます。

動物病院によってはトレーニング教室の案内を貰える事もあるので、初めて犬と暮らすなら犬よりもかいぬしのトレーニングの為に参加するといいです。

参加費は回数やレベルによりますが、我が家が参加したコースは週一回2ヶ月(確か)300〜400ドルくらいだったと思います。

飼育できない犬種

狼犬とピットブル

トロントを含むオンタリオ州では以下の犬種を飼育する事はできない事になっています。

  • ハイブリッドウルフドッグ
  • ピットブル(ピットブルテリア、スタッフォードシャーブルテリア、アメリカンスタッフォードシャーテリア、アメリカンピットブルテリア)
  • ピットブルと実質的に同様の外見・身体的特徴を有する犬

ピットは飼えないけどああいう感じの犬はとても人気があり、体高の高いタイプのアメリカンブリーやマスティフミックスをよく見かけます。

時々、どっからどうみてもピットでは?という犬も見かけますが、きっと違うんでしょうね。

トロントで多く見られる犬種についてはこちらもどうぞ▼

トロントは犬が多い街
【トロント犬事情】とにかく犬がたくさん!外を歩けば犬に当たるカナダの都市トロントは人も多いけど犬もとっても多いです。どんな犬種が多いのか、我が家の近所の傾向をまとめました。...

だいたいこんな感じ

予防接種や月一のお薬なんかは日本と同じですね。

大きく違うのは外での繋ぎ飼いをしてはいけない事、チェーンカラーやプロングカラーを使ってはいけない事でしょうか。

こちらでは犬は室内で(しかも基本室内フリーで)暮らすものと思っている人が多いので、外に繋いどこうなんて奴は元々いないと思いますが…このあたりは日本も早くそうなって欲しいな〜と思います。

ちなみにトロントでの犬のお迎え先についてはこちらをどうぞ▼

トロントで犬を飼うには
【トロント犬事情】トロントで犬を飼うには?主な犬の探し方は3つトロントで犬を迎えたい人へ。3つの犬探し方法をまとめました。...

この記事↑ではペットショップでの生態販売が禁止されているオンタリオ州で、どうやって犬を迎えるのか詳しく書いてます。

それでは、今回はこのへんで。みなさんよい犬暮らしを!

スポンサーリンク

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください